ホーム コンセプト 会社概要 事業内容 お問い合わせ 代表ブログ

ナノホールフィルム

当社は現在、10nm以下の孔をもつナノホールフィルムを用いた、ウイルス防護フィルターを開発しています。ウイルスや細菌の大きさは10nm以上(表参照)であるため、このフィルターは右図のようにウイルスや細菌をシャットアウトしつつ、空気や水分を通すという機能を持っています。

また、従来のフィルターは、フィルター中で細菌を捕集するという原理の為、長期使用により二次汚染の危険性がありますが、当フィルターはウイルスや細菌を物理的にシャットアウトするため、二次汚染を防止します。

 



薬剤の分子サイズと投与速度に合わせた孔を空けたナノホールフィルムを用いることにより、必要な薬剤を必要な速度で投与できる薬剤徐放フィルムを開発することが可能です。当フィルムは、皮膚を通して必要な薬剤を必要な速度で投与するドラッグデリバリーパッチ等に活用できます。

やけどした皮膚に貼り付け、皮膚を保護するような被覆剤の開発も可能です。生体適合性のあるフィルムにバイオハザードフィルターと薬剤徐放フィルムの機能を併せ持たせることにより、右図のように空気を通しつつウイルスや細菌をシャットアウトする機能と、適量な抗感染薬剤の徐放をする機能を持った被覆材を開発することができます。

プライバシーポリシーサイト利用上の注意事項